①日々所思(思うところ) ③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症のある早希ちゃんを病院に連れて行った際、いやな思いをしました

早希ちゃんが風邪を引いていたため、妻は早希ちゃんを耳鼻咽喉科に連れて行きました。

待合室には、妻、早希ちゃん以外に年配の女性が近くに座っていたそうです。

しばらくするとその女性は、早希ちゃんに気付いた後、一番離れている席に移動したそうです。

明らかに早希ちゃんに気付いた後の移動だったそうです。

妻は、そのことにとてもショックを受けたそうです。

今までも児童館から拒否されたり、妻はいろいろ嫌な思いをしてきました。

私は妻には、このような偏見、差別はなくならないから慣れるしかないといいましたが、乗り越えることができないと妻は言います。

似たようなことは、外国人の場合にも起きます。

妻は、外国人に接する機会が多いため、普段からいろんなことを外国人から聞いています。

外国の方が電車の座席に乗ると両隣があくことがあると言います。

自転車に乗っていた外国人が警察に呼び止められて、「どこで盗んだ?」と言われた人もいるそうです。

障がい者も外国人も差別、偏見の根本は同じです。

身なりや外見だけで判断されているようです。

日本はまだまだ差別、偏見が多いようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-①日々所思(思うところ), ③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.