③ダウン症に関する疑問・悩み

なぜダウン症児の中絶に反対するのかという意見を見かけました

更新日:

あるサイトの質問に、なぜ、出生前診断でダウン症と分かったことによる中絶を反対するのかという質問がありました。

もし、中絶が行われれば、周りの苦しんでている人たちを減らすことが出来るのではないかという意見でした。

この質問は極めて素朴な疑問を投げかけるものであると思います。

私なりの見解は以下の通りです。

今生きているダウン症を持った人たちの存在を否定することになる

質問された方の意見は、表現を変えると「ダウン症を持った人は生まれてこなければよかった命」と言っていることになります。

この意見は、現在、生きているダウン症を持った人は、中絶によって生まれてこなければよかった命ということになります。

もし、あなたは世の中の役に立たない人間であるから、生まれてくるべきではないと言われたらどうでしょうか。

自分の存在を否定されるのです。

これは耐えられないことです。

原則としてどの人の命も平等と考えなければ、障がいがあるなしだけではなく、優劣によって差別が起きることになります。

私は、命の重さはないという不偏の原則があると考えています。

ダウン症を持った人たちの生存権を脅かすことがあってはなりません。

関連記事 生まれてこなければよかった命はない

 

そうは言っても経済的に育てられない人たちがいる

一方でダウン症児を育てるということは、健常児以上に制約が出てくる可能性があります。

場合によっては、仕事をやめなくてはならないかもしれません。

止めないまでもフルタイムでは働けないかもしれません。

そのため、苦渋の選択で中絶を余儀なくされる人も多いと思います。

現状、経済的な理由で中絶が母体保護法という法律で許されています。

生存権と母体保護法が対峙している

実は、生存権と母体保護法が対峙している状況であると考えます。

理想論を言えば、生存権が実現される世界が望ましいと考えますが、現実的なことから、母体保護法が存在してるのだろうと考えています。

非常に難しい問題です。

以前から話題になった新型出生前診断は、今後、広く使われるようになりそうです。

それは、それを望む親が多いためです。

でも安易に中絶を選択して欲しくはないと私は思います。

ぎりぎりのところで悩み抜いた末、決断するべきだろうと思います。

理想と現実。

どちらが正しいかのか。

でも決して障がいのせいではありません。

問題があるとすれば、社会保障制度に問題があるのだろうと思います。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!


-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.