③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症育児と仕事の両立は可能か?

今の時代、共働きが当たり前の時代です。

子供が生まれた際、父親または母親が育児休職し、子育てをします。

保育園に通いだす頃には、職場復帰も可能となります。

では、ダウン症児の場合は、どうでしょうか。

ダウン症児と医師から伝えられた時、一番先に思うことは、この子はこの後、どうなるのだろうか?

そして自分は仕事を続けられるのだろうかと考えると思うます。

子供のその後については、このブログを見て頂ければ、だいたいのことは分かると思います。

では、仕事はどうでしょうか?

重い合併症がなければ、基本的には健常児と条件は同じであるというのが私の考えです。

保育園の時期

保育園は夕方まで預かってくれるため、少し早く退社できれば、仕事は続けられます。

保育園によっては、障害児を受け付けていないところもあるようです。

保育園入園前、なるべく早めに相談されると良いと思います。

小学校(または特別支援学校)の時期

小学校+放課後等デイサービスを使えば、こちらも少し早く退社できれば、仕事は続けられます。

お子さんの成長の度合いにもよりますが、一人で通学できる子も多いです。

中学校以降

一人で通学している子もいます。

このようにあまり、健常児と変わりないと思います。

心配でしたら、周りにいる先輩ママさんに聞いてみると良いと思います。

ダウン症児の場合、健常児よりも成長がゆっくりのため、まったく健常児と同じという訳にはいきませんが、仕事については両立できるのではないでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.