①日々所思(思うところ)

障がいは、人の内側と外側の両方にある?

以前、このブログで紹介しましたが、人の中心には心があり、心の外側に「精神」、「身体」、「知性」があります。

 

障がいを持った人たちは、この心の外側の「精神」、「身体」、「知性」の機能に問題を抱えた人たちであると以前、述べました。

関連記事 私が考える障がい者のイメージ

しかし、障がいは、それだけではありません。

人の外にも障がいがあります。

「人の意識」、「社会の環境」、「社会制度」であると私は考えています。

「人の意識」の障がいは、差別や偏見です。

例えば障害を持っている人が就職する際に受ける差別などです。

「社会の環境」の障がいですが、例えば、車椅子を使っている人にとっては、段差があると通れません。

このような環境による障がいが「社会の環境」の障がいです。

「社会制度」の障がいは、制度の欠陥により、障がい者が不利益を受けていることです。

このように人の外に「人の意識」、「社会の環境」、「社会制度」の障がいが存在しています。

これから私たちが目指す社会は、障がいを持った人も健常者も、共に社会に参加し、貢献できる共生社会です。

人の内側にある障がいはなくすことは難しいですが、人の外側にある障がいはなくすことは可能です。

人の外側にある障がいをなくすことで真の共生社会のが実現できるのです。

少しずつですがそのような社会に近づいていると思いますが、またまだ不十分です。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.