①日々所思(思うところ)

ダウン症を持った人は将来、どのようなところで働くのか?就労継続支援A型、B型事業所とは?

ダウン症を持った人は将来、どのようなところで働くのでしょうか。

子供の小さいうちは、このような疑問を持ちつつも、情報が不足しているため、知らない人は多いと思います。

ダウン症のイケメン、あべけん太さんのように一般企業を働いている人もいますが、就労継続支援の事業所で働いているダウン症を持った方も多くいます。

就労継続支援とは、障がいを持ち、通常の企業で働くことが困難な人を対象に必要な訓練を行うことです。

そのような訓練を行う事業所には、A型、B型の二つがあります。

就労継続支援A型の事業所

就労継続支援A型の事業所は、雇用契約を結んで働くことができます。

一般企業で働くことが難しい65歳未満の方が対象です。

月平均、7万円弱の賃金がもらえるようです。

現在、全国に3500もの事業所があります。

就労継続支援A型事業所全国実態調査結果〈概要版〉

主な仕事としては、多種多様で下記の通りとなります。

  • 屋内清掃
  • 封入・仕分・発送
  • 屋外清掃
  • 部品・機械組立
  • クリーニング・リネン
  • など

現在、利用している障がいを持った人は、7万人弱いるようです。

就労継続支援B型の事業所

就労継続支援B型の事業所は、障がいを持ち、企業で雇用契約で働くことが難しい方を対象に訓練を行うところとなっています。

比較的、簡単な作業を短時間行います。

この就労継続支援B型の事業所には、A型のような年齢制限はありません。

賃金はありませんが、生産物の成果の報酬として工費がもらえます。

月平均、1万4000円程度、もらえます。

現在、全国に1万強の事業所があります。

利用している人は、約25万人います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.