③ダウン症に関する疑問・悩み

不妊治療の末、ダウン症児を授かった人の話

不妊治療の末、やっと授かった子供がダウン症を持っていたケースについてです。

このような話を聞いているブログを最近、ネットで見ました。

この方は、数年間、不妊治療をしており、ようやく妊娠したそうです。

検査をしたところ、ダウン症の可能性が高いと医師から言われたそうです。

かなりショックだったようでこのまま生むか中絶するか相当悩まれたようです。

もし、この機会を逃したら次、いつ妊娠できるか分かりません。

考え抜いた末、生むことにきめたようです。

不妊治療している方は、生まれる子供がダウン症を持っていると知った場合、生む選択をする人は多いのではないでしょうか。

「のんちゃんの手のひら」という漫画があります。

3年に及ぶ不妊治療の末、妊娠しましたが、何気なく受けた検査でダウン症を疑われます。

母親は生むことを決意します。

この漫画は、ダウン症児の成長の物語です。

この漫画は、障がい児、ご両親のことがとてもよく描かれています。

とても共感するところが多々あります。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.