⑪ダウン症に関するニュース

TikTok、ダウン症者など動画を閲覧規制に!いじめを理由に?

TikTokは2018年ころから流行りだした自分が撮影した動画とBGMを組み合わせることでオリジナルな動画を作成できるサービスです。

若い人を中心に流行しているようです。

TikTokは、中国企業が運営しています。

このTikTok、物議を醸しています。

TikTokから漏洩した文書によると、ネット上のいじめの対象になりやすいという理由で、自閉症やダウン症ユーザーの投稿が他のユーザーが観られないような規制を行っていたとのことです。

実際には、人がチェックしているのではなく、TikTokのAIを使ったアルゴリズムで判別していたようです。

自閉症者、ダウン症者だけではありません。

LGBTの人たちや肥満の人たちもアルゴリズムの判別対象となっていました。

酷い話です。

企業としては、いじめなどが自社のサービスを通して増長されることを避けたいと思ったのかもしれません。

増長を付けるということは企業としては当然のことですが、その対策が間違っています。

これは、学校で例えるといじめられる可能性がある生徒を別室の教室に閉じ込めておくようなものです。

本来であれば、いじめる側に対するアクションを行うべきなのに安易に対策を打ちやすい方法を選んだのでしょう。

このような考え方では、企業としては失格です。

企業のブランドイメージを悪くするだけです。

以前、インスタグラムも似たようなことがありました。

障がいのある子供の写真をインスタグラムに削除される?

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.