⑪ダウン症に関するニュース

二度ダウン症児妊娠!それぞれ出産、中絶を選択した夫婦について

二度ダウン症児妊娠!それぞれ出産、中絶を選択した夫婦についてのニュースを見ました。

二度、ダウン症児妊娠は、確率的に極めて少ないことです。

ダウン症児は、1000人に1人と言われています。

二度、ダウン症児を妊娠するということは、1000×1000=100万人に1人の確率です。

これは、2回妊娠した場合の確率です。

一生のうち2回妊娠される人がどのくらいいらっしゃるのか分かりませんが、二度ダウン症児を妊娠されるというケースはなかなかないと思います。

ところで二度ダウン症児妊娠!それぞれ出産、中絶を選択した夫婦についてですが、

3歳になるダウン症を持った女の子と生後5か月の男の子がいます。

夫婦は上の子のときに新型出生前診断と羊水検査を受けています。

その結果、ダウン症と告知されましたがその後も妊娠を続けました。

実は、この夫婦は、3歳の子の前にもダウン症児を妊娠されています。

このとき夫婦の話し合いは平行線だったそうです。

毎晩、限界まで話し合ったそうです。

母親は産みたいとおもいますが、父親は愛せる自信がない。

そしてこの夫婦は、中絶することを選択します。

母親は、中絶後、泣き続けたそうです。

そして二度目の妊娠。

二度目もダウン症でした。

このとき夫婦の意見は一致していました。

この子を産んで育てていこうという気持ちだったそうです。

この夫婦の場合、一度目のダウン症児の中絶があったから、二度目のダウン症児を出産があったのだろうと思います。

私は、出生前診断でダウン症と分かったときに「産むか」、「産まないか」という選択肢のどちらが正しいという答えはないと思います。

どちらにしても悩ましい問題です。

最終的にはそれぞれの家族の問題であり、家族の考え方にたどり着くと思います。

なかにか興味深いニュースでした。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.