⑧研究成果

国内初のダウン症に関する学術団体「日本ダウン症会議」発足

今までダウン症に関する国内に専門の学会がなかったため、医療、教育、福祉などの各分野で横断的に情報共有することができていなかったようです。

今回、医療、教育、福祉などの各分野で横断的に情報を共有する仕組みとして、2017年2月1日、「新しいダウン症像を求め、当事者団体と専門家の垣根を越える」ことを目指した「日本ダウン症会議」が発足しました。

第1回大会は、2017年11月11日(土)と12日(日)の2日間、東京都豊島区巣鴨の大正大学キャンパスで開催されるそうです。

シンポジウムや基調講演のほか、8つの分科会、一般公開講座などが予定されているとのことです。

出生前検査をテーマに公開講座もあるようです。

またダウン症のあるタレントで会社員のあべけん太さんも参加するそうです。

 

ソース 専門家と連携「日本ダウン症会議」発足 11月に大会

 

会議の代表である玉井邦夫・日本ダウン症協会代表理事は「本人が参加することで、気付きや対話が生まれることを期待したい」と話しているそうです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!


-⑧研究成果

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.