9歳(支援学校転校)

早希ちゃん、褒められて伸びる

更新日:

特別支援学校の連絡帳に書かれていたことについて紹介します。

「早希ちゃんは、いろんなことができるようです」と学校の先生から褒められました。

まだしゃべられないんですけどね。(笑)

学校の先生は、良く早希ちゃんを褒めてくれます。

早希ちゃんは、褒められて伸びるタイプのため、今の学校の先生のように褒めてくれると伸びると思います。

今、運動会の練習をしています。

(5月に運動会があります)

最初、早希ちゃんは、先生に名前を呼ばれても、うつむいていたそうです。

いつも早希ちゃんは名前を呼ばれてもすぐに返事しません。

わざと聞いていないふりをします。

何度かいってようやく気が付いたふりをします。

どうしてか良くわかりません。

先生が「ハイ!」と横で促すと、手を挙げて立ち上がって、いいスピードでゴールインしたそうです。

早希ちゃんは意外に走るスピードは速いです。金ちゃん走りですが。(笑)

しかし、直ぐに疲れるのか走るのを止めがちなところがまだまだです。

先生曰く、少しぴょんびょんした走りで可愛かったそうです。

学校の先生は、早希ちゃんを可愛がってくれているようです。

早希ちゃん、学校が楽しいようです。

よかったね、早希ちゃん!

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

おすすめ記事

オススメ!


-9歳(支援学校転校)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.