⑥就学

ダウン症児を普通級に行かせる理由、勉強だけが目的じゃない

ダウン症のあるわが子を小学校の普通級に通わせたいと思っているご両親は多いと思います。

私たちの早希ちゃんも、小学校1年生のときは、普通級に通わせていました。

普通級に通わせる際、勉強についていけるかどうか心配される方が多いと思います。

確かに他の健常児と同じ学習内容でついていけるかどうかは心配するところです。

しかし、私たちの早希ちゃんは、最初から勉強についていけないと考えていました。

それではなぜ普通級に通わせることにしたのか。

それは、健常児とのふれあいがあるからです。

勉強よりも、健常児との日常的なふれあいから学ぶことが多いと考えたからです。

それは勉強よりも大切なことであると考えました。

私たちの早希ちゃんは、健常児から多くのことを学んだようです。

他の健常児を良く観察し、マネをするようになりました。

この健常児のマネをすることが大切です。

支援学校の先生などから教わることもあると思います。

しかし、私たちの子供の頃を思い出すと、学校の先生から教わったことよりもお友達から教わったことの方が多かったのではないでしょうか。

ダウン症児も同じです。

普通級では勉強よりも、他の健常児から学ぶ点の方が多いのです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑥就学
-

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.