①日々所思(思うところ)

ダウン症の天才書家 金澤翔子さんの功績

金澤翔子さんと言えば、ダウン症の天才書家として有名です。

最初の個展である「翔子 書の世界」を2005年に銀座書廊で開いたことから、徐々に有名になっていきました。

2012年には、NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を書きました。

テレビにも良く出演しているため、知らない人はいないと思います。

金澤翔子さんが有名になったことの功績は、二つあると思います。

一つ目、ダウン症を世に知らしめたこと

金澤翔子さんが有名になる前は、ダウン症については、一部の方は知っていたと思いますが、ほとんどの方は知らなかったと思います。

実は、私も名称は聞いたことがあっても身近にいないため良く知りませんでした。

金澤翔子さんは、ダウン症という先天性疾患を広く世に知らしめたのです。

そのおかげか、例えば自分の子供がダウン症を持っていることを容易に他人に説明できるようになりました。

また世の中がダウン症についての認知度が上がったことで外に連れ出しやすくなったと思います。

二つ目、ダウン症者には隠れた才能があること

ダウン症者は、知的障がいを持っていることが多く、先入観からか最初からできないと思い込みがちです。

しかし、金澤翔子さんは書家として才能を発揮し、世の中のダウン症者およびその家族に希望を与えたと思います。

金澤翔子さんが世に出てきたことは、とても良いことだと思います。

また、金澤翔子さん以外にも活躍している方が良くテレビなどに出てくるようになりました。

とても良い傾向だと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.