①日々所思(思うところ)

他のダウン症の子と比較してしまう

更新日:

ダウン症をもつ早希ちゃんは、9歳ですがまだしゃべることができません。

トイレも一人で行けません。

妻が言います。

親の会などで他のダウン症の子を見ると早希ちゃんよりも小さい子がしゃべっていたりします。

トイレも一人で出来る子もいます。

おそらくダウン症を持った子の中で一番遅れているかもしれません。

頭では、ダウン症を持った子の成長には個人差があると分かっていても落ち込みます。

何で早希ちゃんはできないのだろうと。

このまま大人になってもできないのかと。

そんな妻に私は言います。

他の子と比べるのではなく、昨日の早希ちゃんと比べればいい。

それにいずれ必ずしゃべれるようになり、トイレも一人で行けるようになる。

そうすると妻はさらに言います。

そういったってどうしても、他のダウン症を持った子と比較してしまう。

堂々巡りです。

こう言い続けて4、5年経つます。

妻を納得させることができる言葉がありません。

しかし、早希ちゃんは、少しずつ少しずつ確実に進歩しています。

成長の力を溜めているのかなと思います。

そして出来なかったことができるようになると家族全員で驚きそして喜びます。

早希ちゃん自身、成長の遅れは全く気にしていません。

いつものんびりして良く笑い、毎日が楽しいようです。

悩んでいるのは私たちだけのようです。

なので焦らずに早希ちゃんの成長を温かく見守りたいと思います。

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.