①日々所思(思うところ)

ダウン症者との接し方!子供扱いしてはいけない

以前、日本ダウン症協会の代表理事である玉井先生が次のように言われていました。

学生にいつも言っているそうですが年上のダウン症のある方には「さん」付けで呼びなさいと。

(玉井先生は、大正大学の教授もされています)

コミュニケーションが苦手なダウン症のある方が多いですが、そういう方を子ども扱いした態度で接するのは良くないということです。

誰だってプライドはあります。

ダウン症のある方は、コミュニケーションが若干苦手であっても、相手が言っていることは良く理解しています。

まして年下の人から、子ども扱いされたらプライドが傷つくでしょう。

このことは、大人のダウン症のある方に限った話ではないと思います。

例えば小学生のダウン症児を赤ちゃんのように扱ったらどうでしょうか?

嫌な気持ちになるでしょう。

うちの早希ちゃんは、現在、10歳です。

言葉はまだ言えませんが、私たちはしっかりと言葉で話しかけています。

言葉が言えないからといって赤ちゃんのような扱いはしません。

もし、そのような扱いをしたら早希ちゃんは、おそらくそっぽを向くでしょう。

健常児と同じように年齢に応じた接し方をしたいものです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.