①日々所思(思うところ)

ダウン症児の存在は兄弟の将来の進路に影響を与える?

以前、臨床遺伝専門医・小児科医師H先生が言われていました。

ちなみにH先生は、臨床遺伝における権威ある先生です。

ダウン症児の兄弟のほとんどは進路を考えだす高校生、大学生になったとき、ダウン症児の存在が大きく影響するそうです。

H先生は、今までダウン症児を1000人以上見てきた中でそう確信するようになったそうです。

誰に言われたわけでもなく、福祉関係、教育関係の仕事に就く兄弟が圧倒的に多いようです。

おそらくダウン症のある兄弟を身近に見ているため、障がい者に関わる仕事をしたいと思うようになるのでしょう。

障がい者が身近にいないと分からないこともあると思います。

ダウン症児の立場、ダウン症児の兄弟の立場、両親の立場などいろいろな立場を理解していると思います。

そういういろいろな立場を理解する中で偏見、差別意識を持たず、純粋に障がいがある方の役に立ちたいと思うのでしょう。

現在、ダウン症のある早希は9歳、お兄ちゃんは13歳です。

お兄ちゃんはとても妹思いです。

そして妹をいつも守ってくれています。

早希は、お兄ちゃんをとても慕っています。

そういうお兄ちゃんが将来、どの分野の仕事に就きたいと思うのか楽しみです。

きっと人の役に立つ仕事に就くと思っています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.