①日々所思(思うところ) ③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症児は良くも悪くも親が望んだ通りに成長する?

更新日:

以前、ダウン症専門医の方が言われていましたが、ダウン症児は良くも悪くも親が望んだ通りに成長するそうです。

どういうことでしょうか?

教育心理学の分野でピグマリオン効果というものがあります。

ピグマリオン効果とは、教師の期待に応じて生徒の成績が伸びるというものです。

逆に教師の期待が低いことによって生徒の成績が落ちることは、ゴーレム効果と呼ばれます。

教師の期待が高いか低いかによって生徒の成績が上下するという考え方です。

ピグマリオンという言葉は、ギリシャ神話からきているようです。

物語は以下の通りです。

ピュグマリオーン王が理想の女性であるガラテアを彫刻しました。

王は、ガラテアに恋をするようになり、ガラテアが人間になることを望みました。

人間に夢中になるあまりピュグマリオーン王は衰弱していきました。

見かねた女神アプロディーテーは、ガラテアに生命を与えたそうです。

そして王は、ガラテアを妻にしたそうです。

ダウン症児の場合も、このピグマリオン効果が当てはまるというのがダウン症専門医の方が言われていたことです。

障害があるから、ここまでしか伸びないだろうと親が考えていると、本当に親が考えていたところまでしか伸びないそうです。

逆にもっと伸びるはずだと親が考えていると、子供も伸びるそうです。

限界があると思うより、まだ伸びるはずだと期待した方が子供の成長には良いようです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

 

 

 

おすすめ記事

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

-①日々所思(思うところ), ③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.