⑨制度

フランスの出生前診断の現状とは?

フランスにおいて出生前診断は、通常の検査の中に含まれており、自動的に受けることになります。

社会保障の保険が適用されるため、無料で実施されているようです。

出生前診断でダウン症の確率が高いという結果が出た場合、羊水検査を行います。

ダウン症の確率が高い場合、約9割の妊婦は、中絶を選ぶようです。

出生診断後、中絶する割合はどの国も同じようです。

胎児の命と、母親が生むかどうかを決める権利のどちらが重いかという議論であるが、フランスでは母親の権利の方が優位に立っているようです。

中絶は、女性の権利であるため中絶させないような圧力をかけることは法律で禁止されています。

中絶させないことを目的とした情報提供、インターネットに情報提供することも禁止されています。

ちなみにドイツでは、胎児の命と、母親が生むかどうかを決める権利はどちらも大切であるという考え方です。

日本では、胎児の命の方が重いという考え方が主流ですので随分、考え方が異なります。

参考文献 フランスにおける身体への自由としての人口妊娠中絶と社会的公正

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-⑨制度

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.