①日々所思(思うところ)

ダウン症児の親は必ずしも新型出生前診断に反対ではない

次の記事にも書きましたが、ダウン症児の親は必ずしも新型出生前診断に反対ではないという結果が出来ました。

新型出生前診断の是非!アンケートデータ分析結果

「どちらとも言えない」が67%あります。

「どちらとも言えない」を選択された方の中で一番多い理由は「障がい者の存在を否定することになる」でした。

新型出生前診断について理解を示しつつ、自分のわが子を否定することになるため、「どちらとも言えない」という選択になったものと思います。

この先の選択は、個別の事情によって新型出生前診断を受けるかどうか決まってくるのではないかと思います。

「新型出生前診断」については、反対する意見もあります。

「命の選別」があるためです。

この「命の選別」を強く感じるのは、ダウン症者本人ではないでしょうか。

アンケートでは、残念ながらダウン症のある方からの回答はありませんでしたので本当のところは分かりません。

しかし、様々な情報から考えるとそのような結論になります。

この「新型出生前診断」のニュースを見たダウン症のある方には衝撃的だったようです。

自分自身の存在を否定されたように感じたのではないでしょうか。

「新型出生前診断」は、以下の記事でも述べたように実施できる医療機関を拡大するそうです。

新型出生前診断(NIPT)、指針見直しで拡大へ

 

「新型出生前診断」は、アンケート結果を見ても、ダウン症を持つ子供の親であっても明確に反対している人は少ない状況です。

そのような状況から見ても今後、「新型出生前診断」は増えていくものと思います。

その際、ダウン症を含むその他の障がい児は、「生まれてくる価値のない子供」とならないようにして欲しいものです。

日本ダウン症協会(JDS)も同じような考え方を持っているようです。

JDSの基本的な考え方

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.