①日々所思(思うところ)

ダウン症であることは不幸ではなくむしろ幸福!

健常児であれば、普通、親が思い描く子供の良い人生とは、以下のような道ではないでしょうか。

学校で良い成績を取り、高校、大学に入り、会社に就職して安定した収入を得て、結婚して幸せな人生を送るといった道

でもこの道しかない訳ではありません。

野球選手であれば、野球で甲子園に行き、プロ野球に入団し、活躍するという道もあります。

その他に画家になる道、漫画家になる道、小説家になる道など無数に道はあると思います。

でもそれぞれは決して楽な道ではなく厳しい競争がある道です。

それに比べてダウン症のある人には別な人生が待っています

特別支援学校などを出た後、授産所(※)などで働き、国からは障害年金(20歳以降)がもらえます。

※身体、精神に障がいを持っている人たちを雇用する事業所のことです。比較的軽い作業(お菓子を作りなど)を行います。

親から独立してグループホームに住む人も多いようです。

健常者は競争社会のため心を病んだりしますが、ダウン症の歩む道は、競争社会ではないため、心を病んだりはしません。

以前、国の調査でダウン症者の9割は毎日が幸せと答えています。

この結果を見る限り、健常者よりも幸せな人生を歩んでいると言えるのではないでしょうか。

ダウン症の人、9割が「毎日幸せ」 厚労省が当事者調査

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.