障がい者の兄弟を持つ「きょうだい児」の苦悩

障がい者のきょうだいのためのサイト Sibkoto(シブコト)の紹介

障がいがある人の「きょうだい」のためのサイト Sibkoto(シブコト)の紹介です。

このサイトは、当ブログをいつも見て頂いている方から教えてもらいました。

「きょうだい」に障がいがある場合、「きょうだい」ならではの悩みがあると思います。

多くのサイトは、障がい児の親に焦点があてられていますが、このSibkoto(シブコト)は、その陰に隠れていた「きょうだい」に焦点を当てています。

障がい児の親だけでなく、「きょうだい」に対しても支援が必要です。

私が知っているところでは、公益財団法人東京YWCAが運営している障がい児「きょうだいの会」というものがあります。

障がい児「きょうだいの会」とは?

障がい児を持つ親同士の情報交換や交流する場となっているようです。

Sibkoto(シブコト)ですが、会員登録(無料)することで利用できます。

条件は、障がいのある人の「きょうだい」であることです。

その他、「きょうだい」のおい、めい、いとこも対象となります。

会員登録すると「きょうだい」の体験、本音を共有したり、他の方と交流することができます。

2018年5月時点で会員数は100名程だそうです。

会員制のため、書かれたコメントが「会員のみ公開」の場合は、外からは閲覧できませんが、「全体に公開」のコメントは閲覧できます。

Sibkoto(シブコト)

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-障がい者の兄弟を持つ「きょうだい児」の苦悩

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.