⑦ダウン症専門医のアドバイス

早希ちゃん、ダウン症専門医から「おさるのジョージ」の人形をもらう

先日、ダウン症専門医のところを訪れた際、医師から早希ちゃんに「おさるのジョージ」の人形がプレゼントされました。

「おさるのジョージ」は、早希ちゃんの大好きなテレビ番組です。

Eテレで毎週土曜日の8:35から放映されています。

ダウン症専門医曰く、「おさるのジョージ」の人形を療育に使うと良いとのことでした。

例えば、おねしょをするようだったら、「おさるのジョージ」の人形を使って夜寝るときに「朝までおねしょしないでね」と言ってあげるそうです。

大好きな「おさるのジョージ」が言っていることだから守ろうとするそうです。

人形だけでなく、カレンダーにシールを貼るのも良いそうです。

ダウン症専門医は、「ほめほめシール」と言っていました。

何かできるとカレンダーにシールを貼ります。

「見える化」ですね。

これらのことは継続して実施することが大切なようです。

「おさるのジョージ」は、第二次世界大戦の戦火をくぐり抜ける

原作者は、ハンス・アウグスト・レイと妻のマーグレット・レイです。

第二次世界大戦時、レイ夫妻は、パリに住んでいたそうです。

ドイツ軍がパリ侵攻する直前、レイ夫妻は、おさるのジョージの原作「ひとまねこざる」の原画を自転車の荷台に括り付けてスペインへと逃げたそうです。

そこから列車でリスボンに向かい、ブラジルを経由して米国に行ったそうです。

レイ夫妻が「ひとまねこざる」の原画を持って逃げなかったら「おさるのジョージ」はなかったのです。

「おさるのジョージ」は、第二次世界大戦の戦火をくぐり抜けた訳です。

とても興味深い話です。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑦ダウン症専門医のアドバイス

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.