①日々所思(思うところ)

近未来の出生前診断!DNA検査による病気の予測

近未来の話です。

妊婦は、病院の診察室で健診を受けています。

医師は、妊婦の指に針を刺し、1滴の血液を採取します。

その血液は、直ぐにコンピュータにより、DNA検査が行われます。

1分程度で検査結果がモニターに映し出されます。

50歳まで発生する病気の確率

  • がん・・・・・・・80%
  • 急性心筋梗塞・・・50%
  • 脳卒中・・・・・・60%

この結果が出た後、医師は妊婦に言います。

「出産されますか?」

 

このようなことは、遠い未来のことではなく、近いうち現実になる可能性があります。

このようなDNA検査が容易に行える時代になると、そもそも「ダウン症」などの先天性疾患は、一番最初に除外されるに違いありません。

出産するかどうかの線引きは非常に難しくなるでしょう。

今は、ダウン症だからといって命の選別をしてよいのかと言っていますが、近未来では、「がん」が発症する確率が高いからと言って「命の選別」をしてよいのだろうかと言っているかもしれません。

SF映画「カダカ」は、このような近未来をよく表しています。

「ガタカ」は、イーサン・ホーク、ジュード・ロウ出演の1997年のアメリカ映画です。

関連記事 遺伝子情報により差別される世界、映画「カダカ」

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

オススメ!


-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.