①日々所思(思うところ)

もし世界がダウン症者100人の村だったら?

更新日:

「世界がもし100人の村だったら」という有名な本があります。

世界の問題を100人の村に例え、分かりやすく解説した名著です。

もし、世界がダウン症者だけの世界だったらどうなるだろうと妻と話しています。

ダウン症を持った人たちは、とても心優しく、穏やかです。

争いごとは嫌いです。

 

世界がそういう人たちだけだったら、戦争は起きないでしょう。

貧富の差は起こらないでしょう。

人種差別などあらゆる差別は起きないでしょう。

ストレスで心の病気になる人もいないでしょう。

私が出会ったダウン症を持った人たちは、あべけん太さんのようにユニークで愉快な人たちでした。

そういう人たちがたんさんいる世界は楽しい世界に違いありません。

実際、ダウン症者だけで社会を成立されることは難しいとは思いますが、ダウン症者のような心を持った人たちがたくさんいたら世界は変わるのではないでしょうか。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.