①日々所思(思うところ)

ダウン症を持った早希ちゃんとパパの1日

ダウン症を持った早希ちゃんとパパの1日についてです。

朝、早希ちゃんを寝室から連れてくるのは、パパの役目です。

夫婦間で決めた訳ではないのですが、なんとなくパパ(私)が2階の寝室から1階のリビングまで抱っこで運んでいます。

年々、早希ちゃんの体重が重くなっており、抱っこで運ぶのが辛くなってきています。

ちなみに早希ちゃんは、11歳です。

抱っこでリビングまで運び、ソファにパパが寝そべり、お腹の上に早希ちゃんを乗っけます。

20分くらいはこの状態ですが、7時半には早希ちゃんを起こします。

そしてテレビを付けて「クレヨンしんちゃん」を見せます。

週二回ですが、特別支援学校の通学バスに乗せるため、早希ちゃんの着替えを手伝ったりします。

着替えは嫌がることが多いのですが、何とかなだめながら着替えさせます。

ここからが大変です。

「学校に行こう!」と言っても、岩のように動きません。

仕方ないので無理やり抱っこして玄関まで連れて行きます。

これでしばらく早希ちゃんは不機嫌になります。(いつもの事です)

通学バスが停車するところまで連れて行きますが、早希ちゃんは、不機嫌なのでそっぽを向きます。

(週三回は、妻が通学バスまで送りますが、ほとんど同じ状況です)

 

そして夜です。

私が退社して帰宅すると早希ちゃんは、テレビでやはり「クレヨンしんちゃん」を見ています。

「早希ちゃん、ただいま!」というと早希ちゃんはニコニコした笑顔で返します。

言葉がまだ喋ることが出来ない早希ちゃんは、iPadのアプリを使い「パパ」と音声を鳴らしたりします。

関連記事 早希ちゃんとのコミュニケーションが少し進歩!iPadで!

夕飯を家族四人で取ります。(妻、長男、早希ちゃんと私)

早希ちゃんはいつもニコニコして私を見ながら夕飯を食べます。

夕飯の後、再び早希ちゃんは、テレビを見ます。(本当にテレビが大好きです)

お風呂の時間になり、「早希ちゃん、お風呂だよ!」といっても動きません。

仕方ないので抱っこで抱えてお風呂場まで連れて行きます。

お風呂から上がったら寝室に行き、パパが早希ちゃんの歯を磨きます。

以前は、なかなか歯磨きをさせてもらえなかったのですが、家庭用プラネタリウムを購入してからは素直に応じるようになりました。

関連記事 早希ちゃん、家庭プラネタリウムのおかげで直ぐ眠るようになる?

最近は、自分でプラネタリウムの電源を入れるようになりました。

その後は、5分くらいで眠りに落ちます。

ここで早希ちゃんとパパの一日が終わります。

そのあとパパは、早希ちゃんのブログを書き始めるのでした。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.