アンケート・統計データ

ダウン症児のいる家庭の離婚率は?(アンケート含む)

古い論文ですが、アメリカのテネシー州の保健局においてダウン症のある子供の家族における離婚率について調査が行われました。

1990年から2002年までの記録をもとにして調査をしたとのことです。

その結果、以下の通りでした。

  • ダウン症のある子供の家庭の離婚率 7.6%
  • 健常児の家庭の離婚率 10.8%
  • ダウン症以外の先天性障害のある子供の家庭の離婚率 11.25%

参考論文

リチャード・C・アーバノとロバート・M・ホドプ(2007年)ダウン症の子どもの家族における離婚:母集団に基づく研究

ダウン症のある子供のいる家庭の方が離婚率が高いのではないかと思っていましたが、逆に健常児の家庭の方が離婚率が高い結果となりました。

この結果は、どう理解すればよいのでしょうか。

考えられることは、ダウン症児は育てやすいということが挙げられると思います。

他の障がい児に比べても育てやすい方ではないかと思います。

他に考えられることは、ダウン症児が生まれたことで夫婦の協力関係が強まった可能性もあると思います。

このような調査は、アメリカだけでなくブラジルの調査でもダウン症児がいる家族の方が離婚率が低い傾向にあります。

この論文はデータ以上の情報はないようなので想定の範囲となります。

もしかしたら日本でも同じ傾向かもしれませんが、国内における調査結果は、見つけることはできませんでした。

そこでアンケート調査をさせて下さい。

とてもプライベートなことなので無理にアンケートに答えて頂く必要はありません。

ご協力していただける方だけで結構です。

アンケート

ダウン症児が生まれたことで夫婦の関係はどうなりましたか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-アンケート・統計データ

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.