⑲その他

過敏性肺炎の再々々検査、これで最後?

今日は、私(パパ)の病気に関する記事です。

過敏性肺炎とは、アレルギーとなる原因物質を吸い込むことで発症する病気です。

原因は、下記のようなものです。

  • 鳥の糞
  • 羽毛布団
  • 加湿器
  • エアコン

この過敏性肺炎は、3月頃の検査で分かりました。

それから、苦しいと言われる気管支鏡などの検査を受けました。

関連記事

病院で「過敏性肺炎」の可能性を疑われる

苦しいと言われる気管支鏡検査で気管支肺胞洗浄を行う

パパ、過敏性肺炎疑われる→検査結果出る!

過敏性肺炎の再検査!その後、太宰治の桜桃忌(2018)へ

今回、11月に予約していたため、再々検査を受けに病院へ行きました。

前回は、シアル化糖鎖抗原KL-6が正常値まで落ちたため、次回、何もなければ最後になると言われていました。

  • シアル化糖鎖抗原KL-6が基準値499よりも高い場合、間質性肺炎、過敏性肺炎が疑われます。
  • 特に間質性肺炎は、呼吸機能が徐々に低下し、死に至るとても恐ろしい病気です。
  • 病気の進行を止めることはできても、元の肺に戻ることはありません。
  • 美空ひばりさんは、この病気で亡くなりました。

今回も、血液検査、レントゲン撮影を行いました。

その結果、KL-6は、266と前回よりも更に下がりました。

当然、正常値内です。

エアコンを業者に清掃してもらった以外は、特に何もしていません。(薬は飲んでいません)

KL-6の検査月と数値の推移をグラフ化してみました。

なだらかな曲線を描きながら下がっています。(対数近似で曲線を描いてみました)

医師からは、KL-6が前回よりも下がっており、しかも正常値なのでこれで最後にしてもよいと思ったが、医師グループのディスカッションの結果、2年間は経過観察するということになったそうです。

なお、レントゲン検査の結果は、前回のものとあまり変わらないということでした。

そもそも最初の検査は3月頃であるため、もう一サイクル、様子を見たいとのことでした。

ちなみに今時点、咳がでる、息苦しいなどの症状はまったくありません。

病院から出た後、ケンタッキーで遅い朝食を頂きました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-⑲その他

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.