①日々所思(思うところ)

ダウン症を持った娘、早希から教わったこと

ダウン症を持った娘、早希からいろんなことを私たちは学びました。

早希ちゃんが生まれてから、初めに学んだことは「ダウン症」そのもの。

妻は、私よりも良く知っていたようでしたが、私は、医師からダウン症を告げられてからインターネットで調べて初めて「ダウン症候群」を知りました。

ダウン症を持った子供たちのことも実は、私は良く知りませんでした。

街中でたまに見かけたメガネをかけていた子たちが「ダウン症」を持った子たちであることは後から知りました。

そもそも、障がい児については、ほとんど知りませんでした。

いろんな障がいがあることも、早希から学びました。

自閉症、発達障害など、世の中、いろんな障がいがあることを知りました。

生まれてくる命の重さには、差はなく全て同じ重さであることも理解しました。

それまでは、命の重さについて考えたこともありませんでした。

ダウン症児は、いつも明るく、優しく、ユニークな人たちであることを早希から学びました。

ダウン症児が集まるところにたまに行きますが、みんなユニークで面白いです。

まるで、あべけん太さんのようです。

偏見、差別される側の気持ちを理解するようになりました。

それまでは、どこか自分とは関係のない世界のことと思っていました。

実際、早希を通して偏見、差別を実感しました。

その偏見、差別を通して公正さを理解しました。

このように私が早希から学んだことを日々、このブログに書いています。

全ては早希から学んだことです。

これからも、早希から学んだことを書き続けたいと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

おすすめ記事

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.