⑪ダウン症に関するニュース

車いすバービー人形が登場?多様性と共生社会の反映か?

お人形さんは、いつも健常者がモデルです。

障がい者をモデルにした人形はほとんどありません。

お人形の世界では、障がいはないことになっているのです。

ニュースで見つけましたが、なんと車いすバービー人形か登場しました。

バービーが義足を付けています。

義足は取り外しができるそうです。

バービー人形は、世に出てから60年経ちます。

基本的にバービー人形は白い肌とブロンドの髪でしたが、世の中の多様性に合わせて100以上の新たなタイプが加わったようです。

肌の色、体型もさまざまです。

車いすバービーは、リクエストが多かったといいます。

 

 

自分たちと似た人形があることは、自分を肯定的にとらえることができると言います。

このように人形の世界にも多様化の波が押し寄せているようです。

ところでこのような変化は、聴覚障害を持つイギリス人の女性が始めた#ToyLikeMe運動によるものが大きいようです。

世の中、車いすの人、補聴器を付けている人などいろんな人がいるのに人形は、健常者ばかり。

全ての子供たちが自分たちみたいな人形があるという思いから、イギリス人の女性がSNSで広めました。

レゴ社への2万人の署名を集めて請願を行ったそうです。

その結果、車いす人形が入ったレゴブロックセットができたそうです。

次のレゴセットがそうです。

写真が小さくて見えにくいですが、車いすのレゴブロックが写っています。


 

これからもこのようなおもちゃが増えてくると思います。

とても良いことです。

ダウン症児のバービー人形もできるかもしれませんね。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.