②ダウン症児の特徴 ③ダウン症に関する疑問・悩み ⑲その他

ダウン症児が頑固なのは、気持ちの切りかえに時間がかかるから?

ダウン症児は、頑固だと言われていますが、早希ちゃんも相当、頑固なところがあります。

朝、早希ちゃんに「学校に行くよ」と言うと遊んでいたiPadの電源を落としますが、ここから長いのです。

立ち上がろうとしますが、なかなか動きません。

学校に行くということは理解できていますし、行こうという動きはしますがなかなか動きません。

待つこと数分。

ようやく動き出します。

学校に行くということを理解してから、気持ちが行くモードになるのに時間がかかるようです。

いろんな説があります。

以前、次の記事で紹介しましたが例えば、ダウン症児は、エピソード記憶に頼って行動するというものです。

ダウン症児が頑固なのは、行動に順序(パターン)があるから?

物語のようにいつも決まった順序でないと混乱します。

そのため、少しでも順番が違うと動けないというものです。

この場合、最初の順番通りにやり直せば動くということです。

しかし、早希ちゃんの場合、どうもエピソード記憶とは異なるようです。

気持ちの切り替えではないかと思います。

今は、遊びモードに入っているときに、学校に行くことは理解しても、行くモードに気持ちがすぐには切り替えられないのです。

早希ちゃんは、頭では学校に行くということは理解しているのでiPadの電源を落とします。

しかし、気持ちがまだ遊びたいモードにあるため、時間をかけて学校に行くモードになるのを待っているのだろうと思います。、

うちの子も頑固だと思う人は多いと思います。

その場合、時間をかけて気持ちが切り替わるのを待つしかありません。

しかし、どうしても朝は忙しいので気持ちが切り替わるを待っているわけにもいかないところが難しいところです。

ところで冒頭の写真は、「頑固おやじ」です。

頑固さをイメージしてみました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

漫画家の母親がダウン症を持つ息子についてコミカルに書いたエッセイです。読むと心が軽くなります。

-②ダウン症児の特徴, ③ダウン症に関する疑問・悩み, ⑲その他

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.