③ダウン症に関する疑問・悩み

ダウン症児、延びしろは必ずある!

ダウン症児は、健常児に比べるとさまざまな面で成長がゆっくりです。

健常児であれば、1年数か月もすれば歩けるようになります。

しかし、ダウン症児の場合、個人差がありますがさらに時間がかかります。

言葉も健常児であれば1年数か月もすれば喋られるようになります。

このようにダウン症児の成長はとてもゆっくりです。

私たちの早希ちゃんは、現在、9歳ですがまだ言葉を喋ることはできません。

数年前から成長が止まってしまったかのように言葉が出てきません。

このまま、大人になって喋れないのではないかと思うこともあります。

しかし、良く娘を観察すると喋ることはできなくても、言葉の理解はとてもゆっくりですが少しずつ進んでいます。

また、喋っていないように見えて実は、出している声が言葉のように聞こえることがあります。

例えば、洋服店に行った際、早希ちゃんが「イー」と言っていましたが、良く聞くと「カァ-イ-=かわいい」と言っていました。

本人は、言葉を言っているつもりでいます。

このように変化がないように見えても、実は少しずつ成長しているのです。

成長が止まっているように見えることがありますが、伸びしろ(※)はあるのだと思いました。

※能力を出し切っておらず、まだ成長する余地があること

ちなみに伸びしろは、健常児にも言えることです。

もう限界だと思っていても実は、まだ能力を伸ばせる余地はあります。

もう限界だと諦めないことです。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-③ダウン症に関する疑問・悩み

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.