⑦ダウン症専門医のアドバイス ⑮ダウン症療育の関連商品

言語指導で有名なN先生が勧める落書き絵本

N先生は、知的障害をもつ子どもに言語指導しているとても有名な方です。

そのN先生は、知的障害をもちまだ言葉が喋れない子供に「らくがき絵本」を勧めています。

「らくがき絵本」は、各ページに薄い絵が描かれており、その絵に落書きをするというものです。

「らくがき絵本」は、絵を描かせることで運筆(字を書くため)の練習になるようです。

また、「らくがき絵本」に絵を描くことで自己表現が出来るようになるそうです。

私たちのダウン症を持つ早希ちゃんは知的障害を持っています。

「らくがき絵本 五味太郎50%」を購入し、早希ちゃんに落書きさせました。

絵を描くのが好きな早希ちゃんは、早速、絵を描きました。

各ページには「ぼく、ぼうしがほしいな」のような文章が記載されています。

この文章を子供に読み聞かせて落書きさせます。

「しゃぼんだまをかきましょう」と言ってシャボン玉を書かせます。

「ふくをかきましょう」と言って服をかかせます。

このように言葉を読み聞かせて、絵を描かせることで字を書く練習となります。

この落書き絵本はとても良いと思います。

早希ちゃんが使っている「らくがき絵本 五味太郎50%」です。

その他にもN先生は、下記の落書き絵本も進めてくださいました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

オススメ!

  この本は、出生前診断の誤診の裁判について書かれたものです。もし、結果が陽性であった場合、中絶を考えていたそうですが、一方で「あの子に会えてよかった」と言っています。とても興味深い内容でした。

-⑦ダウン症専門医のアドバイス, ⑮ダウン症療育の関連商品

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.