⑪ダウン症に関するニュース

「放課後等デイサービス」報酬見直しでサービスが受けにくくなる?

1.「放課後等デイサービス」の報酬額見直しへ

厚生労働省は、2018年4月に障害者支援サービスの報酬額を見直すそうです。

産業界の平均収支差率は、平均4.7%であるのに対して障害者支援サービスの場合、平均5.9%と高い収支差額だそうです。

特に「放課後等デイサービス」(※)は、約10.9%と更に高い収支差額とのことです。

収支差額が高いということは、利益を出し過ぎているということです。

※放課後等デイサービスとは、障害児向けの学童保育のようなもの

そのため、収支差率が高い「放課後等デイサービス」などの報酬を見直すそうです。

重度の障害児を受け入れた場合は報酬を上げ、短時間のサービスなら下げるといった見直しで報酬額を見直すようです。

背景には短時間のサービスで報酬を稼ぐ事業者がいることがあるようです。

2.短時間の放課後等サービスは利用しにくくなる?

重度の障害児を受け入れた場合は報酬を上げるのは良いとして、短時間のサービスなら報酬額を下げることに対する影響が心配です。

短時間のサービスなら報酬額を下げるということは、収益が少ない短時間のサービスは受けにくくなる可能性がありそうです。

短時間サービスの報酬額を下げることによる影響を分析したのかどうか疑問があります。

社会保障費の伸びを抑える必要があることは理解しますが心配です。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

オススメ!


-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.