⑨制度

重度障がい者にハガキ20枚無償配布「青い鳥郵便葉書」

このブログにコメントを下さった方に教えてもらいました。

重度の身体障がい者、重度の身体障がい者に対して希望者には、「青い鳥郵便葉書」を日本郵政株式会社が配布しているそうです。

青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常のはがきが20 枚入っているそうです。

このサービスは、 1976年(昭和51年 )から継続しているそうです。

障がい者の福祉に対する理解と認識を広めるために始めたそうです。

昨年(2017年)の場合、受付期間が4月から7月までで、配布は6月から7月までとなっていました。

今年も4月から受付が始まるものと思います。

2017年の案内 青い鳥郵便葉書の無償配布

郵便局の窓口で受け付けているようです。

障害者手帳、療育手帳で申請できます。

郵送でも受付しています。

詳しくは今後、発表される日本郵政株式会社のプレスリリースを見てください。

そろそろ発表されると思います。

私はこのサービスは全く知りませんでした。

弟は日本郵政株式会社に勤めていますが、聞いたことがありません。

今回、このサービスを知りましたので是非、「青い鳥郵便葉書」をもらい、両親などにはがきを出したいと思います。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

-⑨制度

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.