④ダウン症に関する課題

ダウン症のチンパンジー「カナコ」

更新日:

以前、ダウン症のあるチンパンジーについて記事を書きました。

記事 ダウン症のチンパンジー、国内で発見

ダウン症のあるチンパンジーは非常に珍しく、世界で2例しかありません。

1例目は、1969年に発見されましたが1歳半で亡くなっています。

2例目は、京都大学の熊本サンクチュアリで飼育しているカナコです。

カナコは、1992年生まれです。

1歳の頃、白内障となり、2歳の頃に手術をしましたが視力は徐々に衰えていき、7歳で失明しました。

カナコが22歳ときに健康診断を行った結果、心房中隔欠損という心臓の病気が見つかります。

この心臓病をきっかけに遺伝子検査をしたところ、22番目の染色体が通常、2本あるところが3本となっていたそうです。

22番目の染色体は人間の21番目の染色体にあたるそうです。

白内障、心臓病などを起こすことから、22番目の染色体異常は、人間の21番目の染色体異常にあたるそうです。

つまり、人間のダウン症に相当するということです。

現在、カナコは、女性チンパンジー、マロンと定期的に合わせているそうです。

マロンからカナコに触れようとしたり、遊びに誘うそうですが、目の見えないカナコの反応は鈍いようです。

しかし、カナコはマロンとの時間を楽しみにしているようです。

参考 チンパンジーのダウン症

 

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  とても分かりやすく楽しく実践できます。もっと早くこの本を知っていればという方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!


-④ダウン症に関する課題

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.