①日々所思(思うところ)

ダウン症育児の心得6 療育は頑張り過ぎない

療育とは、障がいがある子供が社会的に自立を目的に行われる治療と教育のことです。

療育には以下のようなものがあります。

  • 動作法
  • リトミック
  • 言語療法
  • 作業療法
  • 理学療法
  • など

私たちのダウン症を持つ早希ちゃんも小さい頃は、動作法、リトミックなどいろんなところに通っていました。

1週間全てではありませんが、結構忙しく通っている時期がありました。

その結果、効果があったかというと少し疑問なところがあります。

次の記事にも書きましたが、日本ダウン症協会の玉井先生が言うには、毎日、種類が違う療育に通わせることは、英語、フランス語、ドイツ語、中国語、各国語を日替わりで勉強しているようなものだそうです。

玉井先生は、療育マニアと言っています。

関連記事 ダウン症育児で療育マニアになってしまう?

外国語を学ぶのであれば、例えば英語をまずしっかりと覚えてから次の言語の理解をした方が効果が大きいと思います。

例えば英会話スクールに通っているとします。

本当に英会話を身に着けようとするとスクールに行っている時間だけ勉強していてはだめです。

自宅に戻ってからも繰り返し復習しないと身に着かないでしょう。

療育も同じです。

療育を行っている場所だけしか実施していないとなかなかお子さんの成長にはつながりません。

同じことを自宅でもやってる必要があります。

自宅でも実施するとなるとあまり多くの療育をこなすことは難しいのではないでしょうか。

お子さんに一番必要な療育に絞り、その療育を集中的に自宅でも繰り返し実施することの方が効果的であると考えます。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

おすすめ記事

オススメ!

  お友達にダウン症を知ってもらうための本です。小さい子でも理解できるようにやさしく説明しています。大人の方が読んでもよいと思います。

-①日々所思(思うところ)

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.