⑲その他

早希ちゃん、再び副籍で小学校へ!行く意味があるのか疑問が出てきました

更新日:

副籍とは、東京都の制度で特別支援学校に在籍している児童が、副次的に月1回程度、小学校、中学校に行き、普通学級で授業を受けるというものです。

詳しくは次の記事を見てください。

障がい児の副籍制度とは

いつものように付き添いでママも早希ちゃんと一緒に小学校に行きました。

前回と同様、給食の時間帯だけの副籍です。

早希ちゃんは、机を並べて一緒に給食を食べてました。

今回は、残念ながら早希ちゃんに話しかけてきた子はいませんでした。

早希ちゃん、下をうつむいたまま給食を食べていました。

どうも早希ちゃんに関心はないようで、早希ちゃんが浮いている状態でした。

給食の後は、生徒たちは運動会の組体操の練習で体育館行きました。

早希ちゃんも体育館に行きました。

どうも運動会の練習が大変で早希ちゃんにかまっている余裕がないという感じでした。

早希ちゃんは、組体操には興味はなく、体育館の外にある特別支援クラスの子たちのためのプールを眺めていたそうです。

早希ちゃんが小学校に在籍していたときに使っていたプールです。

懐かしくて思い出したのでしょう。

午後の授業が始まる前にクラスの子たちが「さようなら」と挨拶して副籍が終わりました。

生徒たちは、先生の指示で早希ちゃんに挨拶をしているような感じでした。

そしてクラスの中にいても早希ちゃんと一緒に遊ぶわけでもなく、早希ちゃんがただ席にお客さんのように座っている状態です。

副籍で小学校に行く意味があるのか少し疑問を感じるようになりました。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行のお仕事です。
タスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円

 

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

おすすめ記事

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑲その他

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2019 All Rights Reserved.