⑪ダウン症に関するニュース

知的障がい者の強制不妊!もとになった旧優生保護法は違憲判決!

旧優生保護法のもとになった思想である優生学とは、

「優れた能力を持っている父親・母親同士の結婚・出産して優れた能力の子孫を残す、これを繰り返すことで人類の進歩を促す」

というものです。

この旧優生保護法のもと、障がい者の不妊手術が1948年から1996年にかけて2万5000件もあったと言われています。

関連記事

障がい者差別を生む「優生学思想」とは?

優生保護法から母体保護法へ(問題の人工中絶は継承される)

以前、旧優生保護法に基づいた不妊手術は、違法として国に対して提訴されていました。

関連記事

【旧優生保護法】障がい者への不妊手術強制について国を提訴

この度、仙台地裁の判決は次の通れです。

子供を生むかどうか自ら決定する権利は、幸福追求権などを規定した憲法13条によって保障されているが、

不妊手術のもとになった旧優生保護法は、憲法13条に照らし合わせた場合、違憲だったというものです。

この点についてはまったく当然の判決です。

しかし、今回の判決では、残念な点もあります。

不妊手術から20年も経っており、賠償請求の権利は消滅したというものです。

賠償のための法律を作らなかった国の責任も認めなかったということです。

そもそも、20年も経つと賠償請求の権利が消滅という法律が違憲という主張も認められませんでした。

現在の法律の限界でしょうか。

原告側は、控訴する方針とのことです。

なお、国会では、今年(2019年)の4月、被害者に一時金320万円支給することが決まっています。

 

NHK番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された家事代行です。家事代行業者を介さない個人同士の契約なので、価格がリーズナブルです。掃除、料理はもちろん、ペットケアやチャイルドケアまで、オプション料金ナシでまとめて依頼できます。
1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

記事に賛同される方はクリック願います。ブログの評価(ランキング)が上昇してより多くの方にダウン症について啓発を図ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

 

 

オススメ!

  キレイ事ではなく母親の不安、疑問、愚痴など本音が書かれた本です。共感される方が多いようです。

オススメ!

  自閉症だけでなく、障がい児を持つ親であれば誰もが経験することがこの漫画には書かれています。この漫画を読んで涙しました。

-⑪ダウン症に関するニュース

Copyright© ダウン症児 早希の誕生・療育・就学 ブログ , 2020 All Rights Reserved.